かぶれ(直接皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)とは

漆(うるし)や銀杏でかぶれたり、化粧品でかぶれたりした経験のある方も多いのではないでしょうか。

接触皮膚炎はかぶれの医学用語です。かぶれは、特定の物質に接触すると肌にかゆみがでたり赤みの炎症を起こしたりする皮膚の病気です。原因となる物質や発生メカニズムによって、「刺激性」と「アレルギー性」の2つに大別されます。

刺激性かぶれ

刺激性かぶれとは、石油や強酸にさらされたことなど、肌への過剰な刺激が原因になるため、誰にでも起こりえます。芋をすりおろすと手に赤みが生じるのも刺激性かぶれの一例です。また、弱いけれど強い刺激ではない刺激が繰り返し肌に加わることで炎症を起こしてしまうことがあります。これも刺激性かぶれの一例です。

このように、手、そしてその周りの肌にできるぶつぶつ・赤みのほとんどは刺激性かぶれです。

アレルギー性かぶれ

アレルギー性かぶれは、ある物質に何度か接触することでアレルギー反応を起こし、肌に炎症を起こしてしまうというものです。アレルギー反応には個人差(体質依存性)があるため、たとえ同じ物質に触れ続けたとしても、アレルギー反応でかぶれになる人とそうでない人がいます。

アレルギー性かぶれの原因となる物質には、例えば有機物では漆や銀杏、薬剤などが知られており、無機物ではニッケル、コバルトなど金属製のアクセサリーによく使用されるものが代表例です。

かぶれ(接触皮膚炎)の原因

アレルギー性かぶれの場合、その原因はアレルギー反応で、体質依存のあるアレルギー性物質に触れることで起こりますが、刺激性かぶれは誰にでも起こり得るものです。

刺激性かぶれの原因を明確に説明することは困難ですが、特に、肌がカサカサに乾燥している場合に起こりやすいことがわかっています。肌が乾燥していると、角質層のバリア機能が低下してしまい、肌の中に異物が入り込みやすくなったり、肌そのものの刺激に対する防御力が弱くなったりするためです。

例えば、水仕事を頻繁にしている人は、手の皮脂(角質層の表面を覆っている油性の薄膜)を洗い流してしまうため、肌が乾燥しやすく刺激に弱い状態になってしまいます。このため、洗剤のように日常的に使用する物質や、水やお湯などのとても弱い刺激物によってさえもかぶれを起こしてしまうことがあります。

子供の頃にアトピー性皮膚炎を患った経験のある人も、角質層のバリア機能が弱くなってしまっており、かぶれやすい体質になってしまっているケースが散見されます。このような人は特に、日頃からかぶれに対してケアしておくことが大切です。

かぶれ(接触皮膚炎)の治療法

かぶれを予防するためには、その原因となっているものを見つけて、それを日常生活の中で自然に避けることができるよう、生活環境を工夫して作り込むことが対策として有効です。原因物質がわからない場合は、パッチテストという物質に対する肌反応を観察する方法によって特定することができます。

炎症がひどい場合は皮膚科にてステロイド外用薬が処方されます。かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤や高アレルギー薬を併用して症状を抑え込みます。

まとめ

特徴

  • 赤みのある膨らみ・ぶつぶつが出る
  • 痒みをともなうことがある
  • 患部は体のどこにでも発生する
    例えば、手のひらに発疹が出ることがあります。皮膚がかさかさになり、カサカサしたり、充血したりします。一般的に家事をする女性に多いことから「主婦湿疹」とも呼ばれています。また、例えば、ピアスの金属部分が耳たぶ周辺に炎症を起こして赤くなることもあります。

原因

  • 部位;おでこ
    原因:ヘアケア用品、染毛剤など
  • 部位;フェイス&ネック
    原因:化粧品、軟膏など
  • 部位:耳
    原因:ピアス、メガネのツル、化粧品など
  • 部位:手
    原因:洗剤、植物など触れるもの全てが対象になり得る
  • 部位:性器
    原因:生理用品、避妊用品、鎮痛剤、衣類など
  • 部位:足
    原因:靴、鎮痛剤、緊張剤など

その他

強い酸やアルカリ、石油やガソリンなどの化学物質、機械油などは肌に強い刺激を与え、赤みをともなうかぶれの原因になります。触った場合は、こすらずに水で洗い流してください。

私は化学を学術的専門領域とするため、学生時代には化学物質の取り扱いで、手のかぶれには相当に悩まされたことをよく覚えています。

美容資格ライター