美容&健康ミニブログ

美容や健康にまつわる最近のトピックをチョイスして、感ずるところをスキンケアアドバイザーの視点から、率直、且つ、忖度なしに綴るminiブログです。

さて、「ニキビケア」 についてです。

ニキビは意外に根深く、そして思いのほかストレスフルで根深い皮膚疾患です。私自身も酷い大人ニキビを経験したため、当事者の気持ちは痛いほどわかります。

スキンケアカウンセリングをしていると、「セルフケアで治したい」「皮膚科に通うのは嫌!」というご相談者様にしばしば出会うことがあります。

ご事情を尋ねてみると、皮膚科医が「ニキビで病院?」的な不適切な対応をしたのが心の傷になっているケースがほとんどです。

このような皮膚科医は、近年の皮膚科医療のトレンドを理解していないナンセンスな医師だと思います。

とはいえご安心ください。最近は、医師の患者さんに対する対応も改善されつつあり、こういった事例が少なくなってきています。

ただ残念ながら、古い時代のお医者様(ご年配のお医者様)は、まだまだ患者さんの悩みに対する理解が追い付いていないという事実も否定はしません。

それでも私は、ニキビケアに際しての皮膚科受診を強くお勧めします。

ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という立派な皮膚疾患です。そして放っておくとどんどん悪化し、将来的に酷いニキビ跡を残してしまうことがほとんどです。

ニキビに悩んだら、手遅れにならない早期の段階で皮膚科を受診してください。理解のないお医者様は「仕方ない」とあきらめて、他の理解のあるお医者様を探してください。

一般にドラックストアやインターネット通販で販売されている薬用ニキビコスメ、あるいは医薬部外品のニキビ用コスメは「作用」の点で皮膚科処方薬に全く及ばないため、極端な話、皮膚科前提であれば高額費用を支払ってまで利用する必要はありません。

セルフケアとしてのスキンケアも大切ですが、先ず、皮膚科医師の判断があってのセルフケアで、処方された外用薬や内服薬の種類・特性に合わせてセルフケアは変えていくべきものと、広く周知されることを望みます。

皮膚科の処方箋とセルフケア(スキンケア)、両輪で回していくことこそニキビ改善の近道であると改めて再認識していただけるとうれしいです。

ニキビケアで皮膚科受診

NKラボとは

科学とエステティックの両面から「流行り廃りのない」本質的なスキンケアを啓蒙します。また、美容ビジネスや健康ビジネスのオカルト的側面や非科学、未科学を排することを目指します。講演会、個別指導、コスメ開発、美容商品のマーケティングなども受託します。

  • 事業者:NKラボ
  • 事業代表者:工学博士(Ph.D) 中浜数理(Kazumichi Nakahama)
  • 事業所所在地:〒140-0014 東京都品川区大井1丁目6番3号 アゴラ大井町3階
  • 営業時間:24時間(インターネット受付のみ)
  • ウェブサイト:https://nk-labo.net
  • 電話番号:050-7119-9244(19時から23時)
  • メールアドレス:infoアットnk-labo.net

スキンケアやコスメ、美顔器など、美容に関することなら、B to C、B to Bに関わらず、気軽に連絡ください。

お問い合わせ