美容&健康ミニブログ

美容や健康にまつわる最近のトピックをチョイスして、感ずるところをスキンケアアドバイザーの視点から、率直、且つ、忖度なしに綴るminiブログです。

さて、「ニキビ用の薬用・医薬部外品コスメ」 についてです。

ニキビができても皮膚科に通わず、例えばプロアクティブのような薬用・医薬部外品のニキビケア用コスメ(基礎化粧品)を使って、セルフケアで治そうとするケースも多いようです。

プロアクティブは優れたニキビケア用コスメですし、「皮膚科に通わない」のも人それぞれの価値観で、ニキビケアの選択肢だと思います。

ただ、万一の誤解が生じぬように、薬用・医薬部外品のニキビケア用コスメについて説明します。

コスメの中で「ニキビケア用」と銘打ってOKなものは、厚生労働省が指定する殺菌成分や消炎成分を配合し、さらにこれら成分を配合している旨を届け出て、効果効能を表記を役所から許可されたコスメです。

全く同じ殺菌成分や消炎成分を配合していても、役所に「薬用・医薬部外品と表記させて欲しい」と書類申請しないコスメは、例えプロアクティブのようにニキビに効いても「ニキビケア用」と表記することはできません。

これが薬機法(旧薬事法)のルールです。

面白いですよね?同じようにニキビに効果ありなのに、書類ひとつで表記可・不可が決まるのですから。

このため、自分の肌状態やニキビ症状に合わせてコスメを本気で選ぼうとするならば、コスメの裏面に表記される「全成分」を読み解く知識を身に付けることをお薦めします。

実はこれ、意外に簡単なスキルです。

成分ひとつひとつの効果効能を暗記せずとも、今はグーグル先生が何でも教えてくれます。「検索して調べる」習慣を付けるだけで、数あるコスメの中から自分に合ったスキンケアを見つけ出すことができるのです。

薬用・医薬部外品ニキビケア用コスメ(基礎化粧品)

話しが脇にそれました(;^_^A。

このminiブログの本題は、薬用・医薬部外品のニキビケア用コスメと、皮膚科のニキビ治療用処方薬を比較しようというものです。

ニキビケア用コスメには、確かにニキビ菌(アクネ菌)を殺す殺菌成分が含まれますし、ニキビ症状を緩和させるための消炎成分が含まれます。

とはいえ、コスメに含まれる程度の殺菌成分や消炎成分は、皮膚科のニキビ治療用処方薬と比べると、薬効において全く及ばないものです。

むしろ、殺菌や消炎といった「生理活性作用」は、逆に肌に負担を強いてニキビ症状を悪化させる可能性もあり、心配です。

繰り返しになりますが、私は、皮膚科に通ってニキビ治療をすることも、薬用・医薬部外品のニキビケア用コスメを使ってニキビケアすることも、どちらも否定しません。

ただ、併用については慎重に検討した方が良いと思うのです。

ニキビ治療用処方薬を使いながら、ニキビケア用コスメを使うと安心感につながるのかもしれません。

しかし、薬効はニキビ治療用処方薬が圧倒的に上のため、併用における薬用・医薬部外品の寄与度は極めて低いと考えられます。

寄与度が低いだけなら良いですが、万一、殺菌成分や消炎成分などが肌刺激につながって、ニキビケアのマイナスになっては大変です。

私見です。

ニキビを皮膚科で治療する選択肢を選んだ場合、薬用・医薬部外品のニキビケア用コスメは必要ありません。

これらを使用するよりも、むしろ保湿とUVケアを中心とするスキンケアを組み立てる方が、ニキビ治療用処方薬との相性はバツグンです。

NKラボとは

科学とエステティックの両面から「流行り廃りのない」本質的なスキンケアを啓蒙します。また、美容ビジネスや健康ビジネスのオカルト的側面や非科学、未科学を排することを目指します。講演会、個別指導、コスメ開発、美容商品のマーケティングなども受託します。

  • 事業者:NKラボ
  • 事業代表者:工学博士(Ph.D) 中浜数理(Kazumichi Nakahama)
  • 事業所所在地:〒140-0014 東京都品川区大井1丁目6番3号 アゴラ大井町3階
  • 営業時間:24時間(インターネット受付のみ)
  • ウェブサイト:https://nk-labo.net
  • 電話番号:050-7119-9244(19時から23時)
  • メールアドレス:infoアットnk-labo.net

スキンケアやコスメ、美顔器など、美容に関することなら、B to C、B to Bに関わらず、気軽に連絡ください。

お問い合わせ