足の裏

水虫(みずむし)とは

水虫は感染症による皮膚の病気の一種で、「白癬菌(はくせんきん)」という真菌(しんきん;カビ)によって起こります。

実は、水虫のほかにも白癬菌に由来する肌トラブルはたくさんあります。例えば、手や足、爪に発生するものは「水虫」ですが、太ももの内側に発生するものを「陰金田虫 (いんきんたむし)」、それ以外の場所に発生するものを「田虫(たむし)」と呼びます。

水虫の症状で最も多いのは「かゆみ」ですが、中にはかゆみと感じないタイプもあり、ひとことに水虫といってもその症状は様々です。そこで、現れる症状によって水虫を大きく3つの種類に分類することがあります。

最も多いのは「小水疱型(しょうすいほうがた)」で、足の裏や指の間に小さな水疱ができます。水疱ができはじめたり、破れたりすると激しいかゆみを感じるのが特徴です。

2つ目の種類は、足の指の間に症状が現れる「趾間型(しかんがた)」と呼ばれるものです。足の指の間の皮膚が白っぽくブヨブヨに膨らんで皮がむけてきますが、そこまでかゆみを感じない点が特徴です。

3つ目の種類は、慢性的に水虫に感染することで角質層が徐々に厚くなり、足の裏全体が硬くなってしまう「角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)」です。角質増殖型の水虫はかゆみがないので、自分が水虫だと気づかない人が多いです。

爪に発症する水虫は特徴的な症状をともないます。

爪に白癬菌が侵入して住み着いてしまうと、爪に水虫ができることがあります。白癬菌がつめにつくと、水虫の影響で、爪が黄色くなったり、白濁したりします。また、爪が厚くなり、爪の中がもろくなってボロボロになってしまうことがあります。

もし爪が変形してきたら、かゆみを感じなくても水虫のサインである可能性が高いです。すぐに皮膚科を受診しましょう。ドラッグストアなどで購入できる水虫の市販薬もありますが、皮膚科では足の爪の水虫を治療することに特化した専用の処方箋を出してくれるので、薬の効果が段違いです。

水虫(みずむし)の原因

水虫はカビの一種である白癬菌に感染することで発症します。

スリッパやバスマットを共用していると、これらを媒介して白癬菌が足に付着してしまうことがありますし、水虫の人が裸足で床を歩いたところを素足で踏んだりしても足に付着してしまいます。但し、だからといって直ぐに感染するかというとそうではなく、角質層のバリア機能が守ってくれるため、早めに洗い流しておけば感染リスクを低減できます。

水虫(みずむし)の治療法

水虫の治療法は、抗真菌薬の外用薬を塗布するか、内服薬を服用するかのどちらか、あるいはその両方です。

ドラッグストアでもたくさんの水虫用の市販薬が販売されていますが、その症状が本当に水虫なのか(別の肌トラブルではないのか)の判断が難しいこと、市販薬でかぶれた際に自分で対処できないことなどのリスクを考えるとお勧めしません。

水虫、あるいは水虫に類似した症状に気がついたら、第一選択肢として皮膚科受診を強くお勧めします。

まとめ

種類

水虫の症状はかゆみだけではありません。症状の特徴によって3つの種類に分類することがあります。

小水疱型(しょうすいほうがた)

足の裏や足の指の間に小さな水疱ができ、激しいかゆみをともないます。

趾間型(しかんがた)

足の指の間にできます。皮膚が白くブヨブヨに膨らんで剥がれ落ちますが、かゆみはあまりありません。

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

水虫が慢性化したケースです。足の裏全体の角質層が厚みを増して白っぽくなり、ひび割れます。かゆみはありません。

特徴

  • 白癬菌というカビの一種が原因です
  • スリッパやバスマットなどを媒介して感染します
  • 足の裏や足の指の間にできるケースがほとんどです

美容資格ライター