美容ライティング

美容や健康にまつわるトピックをチョイスして、感ずるところをスキンケアアドバイザーの視点から、率直、且つ、忖度なしに書き下します。

今回は「幹細胞コスメ」がテーマです。

担当ライター(スキンケアアドバイザー)

美容資格スキンケアアドバイザー 工学博士(Ph.D) 中浜数理(Kazumichi Nakahama)

美容レポート

幹細胞コスメというと、iPS細胞やES細胞のような再生医療研究領域でホットな話題を提供し続けている特殊な多能性幹細胞を想像されるかもしれません。

が、幹細胞コスメが言うところの幹細胞は、植物由来や動物由来(ヒト由来含む)の違いこそあれ、自然の中では「そんじょそこら」に存在する当たり前の細胞です。

例えば、幹細胞とひと言にいっても間葉系幹細胞、造血幹細胞、神経幹細胞、肝幹細胞、皮膚幹細胞、生殖幹細胞、脂肪幹細胞など種類も役割もいろいろ。

幹細胞(再生医療)のイメージ

これだけの種類を挙げることで、幹細胞がごくごく一般的で珍しくないものだということを、改めてご理解いただけるのではないかと思います。

幹細胞コスメには、幹細胞抽出液や幹細胞培養液上清などさまざまな表記がありますが、基本的には同じコンセプトと理解して差し障りありません。

幹細胞、あるいは幹細胞の培養液には、たくさんの生理活性物質が含まれます。

特に、ある種のタンパク質(成長因子、あるいはグロスファクターとも呼ばれます)は、細胞活性を高めたりその増殖を促進したりする作用を有します。

この成長因子を以って、幹細胞コスメには「再生医療効果がある」と主張されるわけですが、実はこれ、少々無理のあるロジックです。

肌の最表面には、角質層という肌のバリア機能を担う「死んだ細胞」が積層されて形成された層があり、タンパク質のような大きな物質がこのバリアを通過できるかは疑問です。

肌バリア(角質層)

リポソームやナノソームのように「美容成分を界面活性剤で可溶化し、肌の深部に届ける」という化粧処方もありますが、そもそもタンパク質は少しでも形を変える(「変性する」と言います)とその機能は損なわれてしまうのです。

それでも幹細胞コスメに再生医療効果があると言えるでしょうか?

私は、幹細胞コスメを用いるスキンケアを「全く無駄」と言っているわけではありません。

タンパク質やアミノ酸、その他さまざまな生理活性物質は、角質層となじみが良く、角質層の水分量をアップして、肌バリアを高めてくれる有用な美容成分だからです。

きっと、インパクトファクターの低い医学誌や、ビフォアアフタで幹細胞コスメに有効性を示唆するデータが紹介されるのは、このことに起因するのだろうと思います。

これ即ち、少し気の利いた美容成分を用いてしっかり処方設計されたコスメであれば、幹細胞コスメと同等の結果が得らえるということです。

長々と書きました。

上記の通り、私は幹細胞コスメの「スキンケア効果」を否定しません。

幹細胞というキーワードと流行りの再生医療を結び付け、美容を楽しむのもありだと思っています。

しかし一方で、「幹細胞コスメ=再生医療」の構図をまるまる信じる人たちばかりになってしまうと「日本の消費者レベルは大丈夫?」となってしまいます。

そうでなくても韓国や欧米から「日本の美容ビジネスはエビデンス(効果の証拠)を気にしない楽勝ビジネス」と思われているふしがあり、非常に癪にさわります。

このような背景から、幹細胞コスメを楽しまれている方には大変申し訳ないとは思いつつ、インターネットの片隅に、こういった内容を回遊させてみようと思い至った次第です。

この記事が何人の目にとまるのかわかりませんが、何れにしても・・・ノリの悪い美容家なのです、私は(;^_^A

NKラボとは

科学とエステティックの両面から「流行り廃りのない」本質的なスキンケアを啓蒙します。また、美容ビジネスや健康ビジネスのオカルト的側面や非科学、未科学を排することを目指します。講演会、個別指導、コスメ開発、美容商品のマーケティングなども受託します。

  • 事業者:NKラボ
  • 事業代表者:工学博士(Ph.D) 中浜数理(Kazumichi Nakahama)
  • 事業所所在地:〒140-0014 東京都品川区大井1丁目6番3号 アゴラ大井町3階
  • 営業時間:24時間(インターネット受付のみ)
  • ウェブサイト:https://nk-labo.net
  • 電話番号:050-7119-9244(19時から23時)
  • メールアドレス:infoアットnk-labo.net

スキンケアやコスメ、美顔器など、美容に関することなら、B to C、B to Bに関わらず、気軽に連絡ください。

お問い合わせ