飲む日焼け止め・飲むUVケア

はじめに

「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」なるものがブームになったのは一昨年前くらいからでしょうか。

昨日、オフィスに関連商品のチラシがポストインされているのを見かけたので、備忘録がてら記事にしておこうと思います。

「飲む日焼け止め」の効果

長文のため、結論を先にもってきます。

「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」を謳っているサプリメントや健康食品は、日焼け止めクリームの代替になりません。有名なヘリオケアやシェードファクターも同様です。

日本皮膚科学会は、紫外線ケアとして、SPF30以上の日焼け止めクリームを日常的に使用することを推奨しています。しかし、「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」と呼ばれるサプリメントや健康食品のSPFは2程度しかありません。

このことから、「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」を利用するとしても、日焼け止めクリームと併用することが好ましいということになります。魅力的なキャッチコピー・誇大広告に惑わされず、正しくご使用頂くことを切に願います。

「飲む日焼け止め」のメカニズム

ここからはプラスαの説明です。お時間のある方、好奇心旺盛な方、お付き合いください。

私のオフィスにポストインされたチラシの商品名を特定するのは無粋というものです。販売業者から営業妨害などの難癖で訴えられるのも嫌ですし、一般消費者の方に対しても、「商品名」ではなく「内容(本質)」に注視して欲しいという思いもあります。

昨日届いたチラシの「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」には、有効成分として、ニュートロックスサン、パインセラ、アスタキサンチンが配合されており、これらの相乗作用で効果を最大限引き出すことをコンセプトにしていることが記載されています。

有効成分とされるそれぞれの成分について簡単に説明します。

ニュートロックスサンは、「飲む日焼け止め」として最も有名な成分の1つです。ニュートロックスサンには抗酸化作用があり、紫外線にさらされることで肌に発生する活性酸素(フリーラジカル)を除去することで肌の炎症を抑えます。ただ、「日焼け止め」と呼べるほど強力なUVケアを達成できるわけではありません。

パインセラは、保湿(乾燥肌対策)やしわ対策に有効とされる成分です(「有効」とはいえ、もちろん効果の度合いはごく限定された範囲です)。

アスタキサンチンは、富士フイルムのアスタリフトで一躍有名になった成分ですが、ニュートロックスサンと同様に抗酸化作用を有します。確かに、経口摂取することで、一定の紫外線を照射した際に生じる肌の赤みが提言されることなどが報告されていますが、その効果はニュートロックスサンにも劣ります。

今回、ポストインされた「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」と称するサプリメント・健康食品は、抗酸化作用による紫外線ダメージ低減と、保湿による肌のバリア機能向上という2面からUVケアにアプローチしており、シナリオとしては間違っていないと思います。

ただし、繰り返しになりますが、大切なのは「効果の度合い」です。「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」は、日焼け止めクリームと比較した場合、紫外線対策としての期待値は桁違いに小さいということです。

「飲む日焼け止め」に対する私見

とはいえ、こういったものを利用するかしないかは、それぞれの人がその価値観に合わせてジャッジメントすることだと思います。確かに、日焼け止めクリームの「補助」として使用するには害はないでしょうし、益する部分もあるのではないかと思います。

私ならどうする?と問われた場合は「使用しません」と即答します。費用対効果を考えると、「飲む日焼け止め」「飲むUVケア」のサプリメント・健康食品の価格帯は高価に過ぎます。より効果の高い日焼け止めクリームよりも値が張るとか、あり得ませんから。

美容資格ライター